アラフォー社会人がTOEICで900取るためにやったこと

はてさて、コロナ騒ぎのあおりで3月のTOEICはまさかの中止となってしまいました。幸い振り替え対応をしてもらえるようなので、さっそく申し込んではみたものの、考えてみればまだまだコロナ騒ぎが終息する気配もなく、TOEICもいつ再開されるのやら定かではありませんね。。。
(-_-;)

桜の季節もマスクですね

まあそんなことを言ってても仕方ないですし、スコアなんて所詮ただの通過点に過ぎません。日々の努力こそわれわれの力になるのだと信じていくしかないですね。

え、英検の面接はどうした? いやまあ記事にしない時点で言わずもがなとお察しくださいまし。ただこれに関しては言いたいことが山ほどあるので合格できたら書きます。しかし面接の採点ってほんと主催者のサジ加減ひとつでどうとでもなるんだな。。ほんと。おっと、くわばらくわばら。

( ノД`)…

まずはTOEIC700を目標に

高校まで英語が得意科目だった人なら、少し復習すればTOEIC700前後までなら無理なく届くと思います。ただ英語が苦手だったという方にとってはTOEIC500でも厳しいかもしれません。そのラインからのスタートであれば、最初からTOEIC対策の勉強で始めるよりも英検2級か準2級を目標にスタートする方がいいと思います。

テスト

理由としては、TOEICの内容がビジネス場面に特化している分、初~中級段階の学習にはあまり適していると言えないからです。

初~中級のステップでは日常生活や学校などの幅広い場面で使う英語を吸収したり、スピーキングのアウトプットをすることも重要です。英語学習の基礎が十分固まっていないこの段階で、あまり特定の試験形式に特化してしまうのは学習効率的にもよくありません。

 TOEICに特化した学習を始めるのはスコアが700前後に達してからで十分です

逆にそれ以前の段階でTOEICに特化した試験対策をしてもあまり効果が出ない人が多い気がします。そもそもTOEICが主な客層として想定しているのは「まあまあ英語が得意な大学生」あたりなので、まずはそのレベルに達するのが先決です。

TOEIC800を目指すには

他の記事でも書きましたが、私は割と高校時代から英語が(唯一の)得意科目だったので、一通り高校英語の復習をするだけで700点台後半あたりまではすんなりとスコアが伸びました。(その後それにあぐらをかいて全く伸びない時期が続いたことは何度も書いたので繰り返しませんw)しかし、ここから800、900と上のスコアを狙うためには、高校英語のボキャブラリーのままでは歯が立ちません。

その上を目指していくためには今一度英語学習の基礎基本に立ち返って、自分が今いるよりも上のレベルのボキャブラリーをある種力づくで頭にインプットし、問題集などで反復練習して強制的に身につけるような作業が必要になります。

くどいようですが、このステップではやはり単語帳を用いた学習が効果的です。


TOEICで800近く取れる人になるとそれなりに英語力に自信が付いてきて「今さら単語帳なんて」という感覚になってしまう人も多いみたいですが、はっきり言えばTOEIC800レベルのボキャブラリーというのは、その辺のニュースサイトの見出し(本文ではありません)でもまだ知らない単語がゴロゴロしてるような段階です。

ニュースサイト

例えば知り合いに日本語を勉強している外国の方がいるとして、その人がYahooニュースの見出しもちゃんと読めてないレベルなのに、「生の日本語に触れるのが第一」などと言ってろくに単語のインプットもせずに適当なフィーリングでうろ覚えの日本語を使ってたりしたらどうでしょう?・・・そりゃあ死ぬまでカタコト日本語から卒業できるはずもありませんよね。。。

( ノД`)

何語だろうが、語学学習というのはつまりそういうことです。

くどいですが、外国語のボキャブラリーは決して読み流しや聞き流しなどでなんとなく身につくようなものではありません。未来のたっぷりあるリアル学生さんならともかく、もう後がない社会人にはそういう漠然とした受け身の流し学習に費やしてる時間なんてありません。たとえ短い時間であっても、明確な目標をもって意識的に集中して行う学習=作業が不可欠なのです。

これは私の持論ですが、学習というのは筋トレなどと同じで、目的を持った「作業」であるべきです。

アラフォー社会人がTOEIC900オーバーを取るために

スコアが800を超えてくると、ここからはボキャブラリーの積み上げと同時にTOEIC対策が不可欠になってきます。リスニング・リーディングとも、TOEIC特有の形式や時間配分がありますので、それに特化した対策をすることで短期でスコアを伸ばすことが可能になります。

まあとにかく公式など市販の問題集を繰り返し解くのが一番の近道ですね。

もっとも、短期でスコアが伸びたからといって必ずしも英語力がそれに比例して伸びているとは限りません。ぶっちゃけ英語力が同じでも対策の有無だけでかなりスコアが変わることもあるので、その点は注意が必要です。

ただスコアが伸びることで学習のモチベーションが高められるのは間違いありませんし、また次の学習ステップに進むきっかけにもなります。

何よりハイスコア取れたら気分がいいですよね。

(´∀`*)

あと、これも何度も書いてることですが、「TOEICのハイスコアさえ取れたらいい」というのでなければ、スコアが800後半に届くあたりからはTOEICと並行して英検1級の準備を始めるのがおすすめです。圧倒的に英語の世界が広がりますよ、ホントに。。。

↓ランキングに参加しております( ^ω^)・・・


TOEICランキング

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村

コメント